DEEP PURPLE: HISTORY,HITS & HIGHLIGHTS '68 - '76
DEEP PURPLE ARCHIVE COLLECTION


日本限定盤
QABT50001〜2(2DVD)
定価6,300円 (税抜価格6,000円) → 4,410円(税込み)
字幕スーパー付

Web購入特典あり!
deep-purple-japan.netからご購入の方のみにオリジナル特典
1975年日本公演未使用レプリカ・チケット
特製Deep Purpleステッカー


セール実施中!他商品と同時購入で送料無料


数量 :




これを待っていた! 演奏シーンを惜しみなく盛り込んだ充実の内容は、掛け値なしにファン必携の永久保存版。
ハード・ロックの王者のリアルな姿をパッケージした奇跡のDVD、今買っておかないと一生後悔する!
( 広瀬和生/BURRN! )


現在も多くのDeep PurpleのタイトルをリーリースしているDeep Purple overseasがDeep Purpleデビュー40周年を期に20数年ぶりとなるオフィシャルDVDとして計画していたDVDが完成致しました。

この2枚組DVDは1968年のデビューから1976年のDeep Purple黄金期のアーカイブ映像を約5時間にも及ぶ長さで収録しており、この時期のDeep Purpleでしか見られないであろうリッチー・ブラックモアの破壊的パフォーマンスや数十分にも及ぶジョン・ロード とのインプロビゼーション映像、そしてDocumentary映像には1972年初来日の日本公演を当時のスタッフが撮影した映像や73年、75年来日時映像が収録された内容になっています。

又、リッチー・ブラックモア脱退時のメンバーのインタビューや、72年、73年来日時のメンバーのインタビュー等ライブ映像以外にも珠玉の内容が満載されています。日本語字幕付きです。
Disc2には本編以外にフォトギャラリーも収録されています。

日本盤初回限定DVD(現在は販売終了)のみ特別パッケージデザインと、収録映像それぞれに対してDeep Purpleの研究家サイモン・ロビンソン氏の手による詳細な解説が書かれた日本語ブックレットが附属されます。この解説はサイモン・ロビンソン氏が日本盤のみに書いた物です。


《収録内容》
DVD One
Deep Purple Documentary 1968〜1976-Deep Purple 第1期〜第4期までを順に追ってドキュメンタリーにまとめた映像。Machine Headレコーディングの際のカジノの火事やLive In Japanが録音される事になったいきさつなどメンバー自身が語っています。

Deep Purple Documentary 1968〜1976-Deep Purple 第1期〜第4期までを順に追ってドキュメンタリーにまとめた映像。中程で73年来日時のイアン・ギラン最後のMCが聞けます。
Help-Deep Purpleの最も初期のデンマークでの映像。
Hush-1968年Playboy Club TV出演時の映像。
Wring That Neck-1969年London De Lane Lea Recording Studioでの映像。近年偶然に発見されたとても古い画像ですが今となっては大変貴重な映像です。Ritchie Blackmoreの弾くStratocasterのヘッドが通常の物で無いのが確認できます。
Hallelujah-1969年ドイツのテレビBeat Clubの映像。
Mandrake Root-1970年The South Bank Popsのライブ映像。ここでのバンドのパフォーマンスはDeep Purple黄金期を感じられずにはいられません。
Speed King-1970年ドイツの特別番組Ich Binでの映像。
Black Night-有名なTop Of Popsからの映像。
Child In Time-1970年Granada TVからの映像。
Lazy-1972年デンマークでの映像。
Strange Kind Of Woman-Top Of The Popsでの今で言うプロモーション映像。当時バンドが出演できなかった際に使用した”変った”映像です。
Fireball Writing Session-アルバムのリハーサルの為にバンドが借りたウエルコーム・ヴィレッジにあるハーミティッジと言う家でのセッション映像。とても古い白黒映像だが貴重な映像。
Fireball-1972年ドイツのDisco 72からのテレビ映像。当て振りの為Ritchie Blackmoreはギターを逆さに弾いています。
Demon's Eye-1971年ドイツのテレビ番組Music Todayからの映像。
No No No-前項同様1971年Beat Clubからの映像。70年代らしいサイケデリックな映像処理がされていますが、Disc Twoのボーナストラックではこの映像のブルーバックのバンドのリハーサル映像を見る事ができます。
Into The Fire- Demon's Eye同様ドイツのテレビ番組Music Todayからの映像。
Never Before-1972年のプロモーション映像。
Highway Star-1971年Beat Club からの映像。
Smoke On The Water-ABC TVからの映像。
Burn- LEEDS POLYTECHNIC映像の完全ライブ映像。
Mistreated-カリフォルニア ジャムからの映像。
Love Child/You Keep On Moving-1975年日本公演からの映像。

DVD TWO(BONUS TRACKS)
And The Address-Playboy Club TVのオープニング部分での映像です。Ritchie BlackmoreがHugh Hefnerにプレイを説明しています。
BILZEN JAZZ FESTIVAL- Wring That Neck、1969年ベルギーのテレビ番組の為に編集された映像。25分に及ぶ演奏は圧倒。
POP DEUX-1970年フランスのテレビ番組放映のWring That Neck/ Mandrake Root。
これも又20分以上に及ぶライブパフォーマンスで、ES335によるRitchie Blackmoreのソロが十分堪能できる映像。
BLACK NIGHT-同タイトルのEMIプロモーション用映像。
No No No-Disc One収録のBeat Clubでのリハーサル風景映像。
Jt Nuit’ French TV 1974-フランスのニュース映像だが、バックステージでの映像やツアーマネージャー、裏方の人の話が聞ける。
LEEDS POLYTECHNIC-1974年イギリス ツアーでのドキュメンタリー映像。
DEEP PURPLE IN NEW ZEALAND-トミーボーリン加入時のツアードキュメンタリー。興味深い各メンバーのインタビューが聞ける。
Tony Edwards(Founder Manager) Interview-1977年フランスのJukeboxのインタビューでカリフォルニア ジャムでのステージ炎上について質問に答えている映像。



TOP PAGE

The copy and reproduction of information which were released by this site containing a picture or sound are forbidden completely.
(c)2008 www.deep-purple-japan.net. all rights reserved.All photo(C)Deep Purple (Overseas) Ltd.